あおぞらマッサージ 施術風景   





施術風景
マッサージのポイント























































































































































この度、ご利用者様のご協力を得て施術風景を撮影させていただきましたので、ホームページ上で施術の様子をご覧いただけるようになりました。「おあぞらマッサージ」では、日々現場でご利用者様とのふれあいを大切にしながら施術にあたっております。
ご利用者(Aさんの場合)
年齢・介護度 85才  要介護4
傷 病 名 左大腿骨大転子部骨折 四肢筋力低下
発  病 平成19年4月
施 術 開 始 平成21年4月
訪 問 回 数 週3回
左大腿骨大転子部骨折を契機に廃用症候群となり四肢筋力低下。寝たきりになることを心配したご家族が当社に電話をされ開始した。 排泄も自身でできないくらいだったが、1〜2ケ月くらい後ポータブルトイレを用い排泄が可能になる。 

このページの先頭
ご利用者(Sさんの場合)
年齢・介護度 5才  要介護1
傷 病 名 脳内出血後遺症
発  病 平成19年8月
施 術 開 始 平成21年11月
訪 問 回 数 週3回
脳内出血により入院。 片麻痺になり退院後自宅療養中足がもつれあごを骨折。 ご家族の依頼で訪問リハビリを開始。 骨盤のズレを強制し姿勢がよくなる。 股関節や体全体の可動域が広くなり生活の中でできることが増えた。 デイサービスでの体操はいやがっていたが訪問マッサージは自分にあっていて助かっているとのこと。 膝をついて座ったり、杖なし歩行が家出できるようになり家族も喜んでいる。
このページの先頭
ご利用者(Hさんの場合)
年齢・介護度 84才  要支援2
傷 病 名 脊椎管狭窄症  腰椎圧迫骨折
発  病 平成17年頃
施 術 開 始 平成22年2月
訪 問 回 数 週2回
地域包括支援センター様よりご紹介。 長年偏った姿勢で歩行のため、背骨、腰、膝等に負荷がかかり歩くのも辛そうだった。 開始当初は寝返りもできなかったが、1−2ヶ月程でできるようになる。 歩行姿勢も良くなりその結果各所にかかっていた負荷が軽減された。 体全体の可動域が広がり家での生活にも改善が見られる。 

このページの先頭
ご利用者(Tさんの場合)
年齢・介護度 80才  要支援2
傷 病 名 脳梗塞後遺症
発  病 昭和64年2月
施 術 開 始 平成21年2月
訪 問 回 数 週2回
このサービスを受けてから、歩く姿勢が良くなったとケアサービスの方に言ってもらえました。入浴の際、ひとりでは浴槽をまたぐことができず家の者に手伝ってもらっていましたが、自分ひとりでできるようになりました。 ゴミ出しも自分でできるようになり、時々気晴らしに旅行などお友達とできるようになりました。

このページの先頭
医師の同意に基づき、マッサージと各種運動療法を組み合わせた施術を行い、ご利用者と共に症状の改善と機能回復を目指します。
拘 縮 予 防
股関節から指先までの拘縮の予防をはかり、可動域の確保・維持を目指します。
下 肢 筋 力 の 強 化
屈伸運動など、下肢筋力の運動を取り入れ筋力維持を図ります。
血 行 改 善 ・ む く み 治 療
血行・リンパの環流を促し、むくみ・褥瘡の治療を行います。
肩 や 肘 の 運 動
肩や肘の可動域・拘縮予防も運動を取り入れ改善を図ります。

※上記はあくまで一例です。ご利用者様お一人お一人の体調や症状を考慮し医師の同意に基づき施術を行っております。


<script type="text/javascript" src="http://9806798.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

Copylight©2009●あおぞらマッサージ●All Rights Reserved